ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ


第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)


国立社会保障・人口問題研究所は、平成27(2015)年に実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」の 結果報告書(確定値)をとりまとめました。


調査の概要

 出生動向基本調査は、わが国の結婚と夫婦出生力の動向ならびにその背景を定期的に調査・計量し、 関連諸施策ならびに人口動向把握等に必要な基礎データを得ることを目的とした調査で、独身者調査と 夫婦調査から構成されています。 調査対象は、独身者調査では「平成27年国民生活基礎調査」で設定された調査区から無作為に選ばれた 900調査区に居住する18歳以上50歳未満の全ての独身者で、夫婦調査では独身者調査と同じ900調査区に居住する50歳未満の有配偶女性です。 独身者調査では調査票配布数11,442票に対して有効票数は8,752票、有効回収率は76.5%でした。 また、夫婦調査では調査票配布数7,511票に対して有効票数は6,598票、有効回収率は87.8%でした。


集計結果のポイント

【独身者調査】


【夫婦調査】


【独身者・夫婦調査共通項目】


調査の公表資料(HTML版)


調査の公表資料(PDF版)

統計表

※すべてのクロス集計結果表は、政府統計の総合窓口 e-Stat に掲載されています。


2016年9月15日公表の速報値に関する情報はこちら



※本調査の結果を引用される際は、出典を明記してご利用ください。
 本調査の内容を利用された場合、その掲載誌などを下記宛てに一部ご送付いただければ幸いです。
 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2−2−3 日比谷国際ビル6階
        国立社会保障・人口問題研究所 人口動向研究部

※PDF形式のファイルをみるためにはアドビリーダー(Adobe Reader)というソフトが必要です。
アドビリーダーは無料で配布されていますので、必要な方は配布元サイトからダウンロードしてください。
get_adobe_reader



<お問い合わせ先>
国立社会保障・人口問題研究所
担当:人口動向研究部
電話 03-3595-2984(ダイヤルイン)
電子メールによるご質問はお問い合わせフォームからお寄せください。
資料の閲覧・配布については当研究所図書室までお問い合わせください。