ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 中川 雅貴


国際関係部 主任研究官
中川 雅貴
Masataka Nakagawa
更新日:2017年7月1日

研究分野

  • 人口・社会統計学、人口地理学、社会人口学、社会疫学

参加研究プロジェクト

  • 「人口移動調査」
  • 「東アジア、ASEAN諸国の人口高齢化と人口移動に関する総合的研究(厚生労働科学研究補助金事業)」
  • 「国際的・地域的視野から見た少子化・高齢化の新潮流に対応した人口分析・将来推計とその応用に関する研究(厚生労働科学研究補助金事業)」
  • 「グローバル・エイジング時代におけるケア人材の国際移動(Economic Research Institute for ASEAN and East Asia: ERIA 委託研究)」
  • 「外国人社会統合指標(日本版MIPEX)の策定プロジェクト」

研究所外の活動

  • 所属学会  日本人口学会、Asian Population Association、International Union for the Scientific Study of Population

主な業績

    • 著書分担執筆

      中川雅貴(2014)「労働市場の再編と外国人労働者」松浦司 編『高齢社会の労働市場分析』中央大学出版部,pp.157-184.

    • 論文、ディスカッションペーパー等

      - 中川雅貴・小池司朗・清水昌人(2016)「外国人の市区町村間移動に関する人口学的分析」『地学雑誌』第125巻第4号, pp.475-492.
      - Hayashi, R., Kojima, K. and Nakagawa, M. (2016) "Country Report: Japan, International Migration of Care Personnel in the Context of Global Aging." Paper presented at the 2nd workshop on International Migration and Development in East Asia, organized by Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA), Bangkok (2016.8.26).
      - 中川雅貴(2013)「外国からの移動と定住―マルチレベル分析による居住地域要因の検証―」『人口問題研究』第69巻第4号,pp.44-64.
      - 中川雅貴,近藤克則,鈴木佳代(2013)「健康格差とネットワークをめぐる研究上の諸問題とその克服:大規模社会疫学調査研究の経験を踏まえて」『社会と調査』10:52-57.
      - Nakagawa, M., Kondo, K. and Suzuki, K. (2012) "Older Adult Health Equity Assessment Using the JAGES HEART Indicators: Case Study of Kobe, Japan." WHO Centre for Health Development.
      - Lee, S.L., Park, S.J. and Nakagawa, M. (2012) "Population Ageing and International Migration in Japan: Trends, Prospects, and Policy Issues." IOM Migration Research and Training Center Technical Paper Series No. 2011-07. Goyang: IOM-MRTC.

*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。