ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 中川 雅貴


国際関係部 第3室長
中川 雅貴
NAKAGAWA Masataka
更新日:2020年7月15日

研究分野

    人口学、人口移動研究、社会調査・社会統計学

参加研究プロジェクト

    「人口移動調査」
    「将来人口推計のための調査分析ならびにシステム開発事業:地域推計」
    「将来人口推計のための調査分析ならびにシステム開発事業:世帯推計」
    「長期的人口減少と大国際人口移動時代における将来人口・世帯推計の方法論的発展と応用に関する研究」(厚生労働行政推進調査事業費補助金)
    「日中韓における少子高齢化の実態と対応に関する研究」(厚生労働行政推進調査事業費補助金)

研究所外の活動

  • 所属学会
    日本人口学会(大会企画委員),Asian Population Association,International Union for the Scientific Study of Population

  • 所外研究プロジェクト
    「ASEANにおける活動的で健康的な高齢期の推進に関する研究」(厚生労働行政推進調査事業費補助金)分担研究者
    「人口減少社会におけるコンパクトシティの健康への影響に関する疫学研究」(日本学術振興会科学研究費補助金)分担研究者
    「人口移動が結婚・出生に及ぼす影響に関する地理学的研究」(日本学術振興会科学研究費補助金)分担研究者
    「静岡県多文化共生基礎調査」(静岡県/静岡文化芸術大学)分析協力者

主な業績

  • 著書分担執筆

    - 中川雅貴(2019)「外国人人口の分布と移動」小崎敏男・佐藤龍三郎 編著『移民・外国人と日本社会』,原書房,pp.57-79.
    - 中川雅貴(2019)「日本老年人居住地迁移及其内涵養」张季风 主編,胡澎顺・丁英顺 副主編『少子老龄化社会:日本中国共同应対的路径予未来』,中国社会科学文献出版社,pp.72-81.
    - 中川雅貴(2018)「中高年期における健康状態と居住形態の変化」津谷典子・阿藤誠・西岡八郎・福田亘孝 編著『少子高齢時代の女性と家族:パネルデータから分かる日本のジェンダーと親子関係の変容』,慶應義塾大学出版会,pp.185-208.
    - 中川雅貴(2014)「労働市場の再編と外国人労働者」松浦司 編『高齢社会の労働市場分析』,中央大学出版部,pp.157-184.

  • 論文、ディスカッションペーパー

    - 中川雅貴(2020)「外国人集住地区の分布と特性―国勢調査基本単位区レベルの小地域データを用いた分析―」『経済学論叢』第71巻第4号,pp.333-358.
    - 山内昌和・小池司朗・鎌田健司・中川雅貴(2020)「東京大都市圏と非東京大都市圏および全国の結婚出生力に対する人口移動の影響」『人口問題研究』第76巻第2号,pp.265-283.
    - 清水昌人・中川雅貴・小池司朗(2020)「通婚圏と人口移動」『人口問題研究』第76巻第1号,pp.98-117.
    - 中川雅貴(2019)「オーストラリアにおける移民の動向と政策」『統計』第70巻第1号,pp.26-31
    - Nakagawa, M. (2019) "Japan is ageing faster than we think." East Asia Forum Quarterly, Vol.11, No.3, pp.26-27.
    - 中川雅貴(2019)「非大都市圏出生者におけるUターン移動の変化に関する分析」『人口問題研究』第75巻第4号,pp.381-400.
    - 中川雅貴(2019)「インドネシアにおける世帯内介護需要と若年人口移動の関連―IFLSによる縦断データを用いた分析―」『人口問題研究』第75巻第4号,pp.345-364.
    - Hayashi, R. ed. (2019) "Demand and Supply of Long-term Care for Older Persons in Asia", Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA) Research Project Report 2018, No.8, ERIA.
    - 中川雅貴・山内昌和・菅桂太・鎌田健司・小池司朗(2018)「都道府県別にみた外国人の自然動態」『人口問題研究』第74巻第4号,pp.293-319.
    - 中村廣隆・尾島俊之・中川雅貴・近藤克則(2018)「地域在住高齢者が転出に至る要因の研究」『厚生の指標』第65巻第5号,pp.21-26.
    - 中川雅貴(2018)「外国人の地域分布と移動」『統計』第69巻第5号,pp.15-21.
    - 清水昌人・中川雅貴・小池司朗(2016)「市区町村における外国人の転入超過と人口流出」『E-journal Geo』Vol.11, No. 2, pp.375-389.
    - 中川雅貴・小池司朗・清水昌人(2016)「外国人の市区町村間移動に関する人口学的分析」『地学雑誌』第125巻第4号, pp.475-492.
    - Hayashi, R., Kojima, K. and Nakagawa, M. (2016) "Country Report: Japan, International Migration of Care Personnel in the Context of Global Aging." Paper presented at the 2nd workshop on International Migration and Development in East Asia, organized by Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA), Bangkok (2016.8.26).
    - 中川雅貴(2013)「外国からの移動と定住―マルチレベル分析による居住地域要因の検証―」『人口問題研究』第69巻第4号,pp.44-64.
    - 中川雅貴,近藤克則,鈴木佳代(2013)「健康格差とネットワークをめぐる研究上の諸問題とその克服:大規模社会疫学調査研究の経験を踏まえて」『社会と調査』10:52-57.
    - Nakagawa, M., Kondo, K. and Suzuki, K. (2012) "Older Adult Health Equity Assessment Using the JAGES HEART Indicators: Case Study of Kobe, Japan." WHO Centre for Health Development.
    - Lee, S.L., Park, S.J. and Nakagawa, M. (2012) "Population Ageing and International Migration in Japan: Trends, Prospects, and Policy Issues." IOM Migration Research and Training Center Technical Paper Series No. 2011-07. Goyang: IOM-MRTC.

  • その他

    - 中川雅貴(2018)「国際人口移動をめぐる日本の政策」「日系移民」「健康格差」日本人口学会編『人口学事典』丸善出版.
    - 中川雅貴(2015)「世代とジェンダー調査(GGS: Generations and Gender Survey)― 日本編 ―」『社会と調査』第15号,p.132.

*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。