ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 守泉理恵


人口動向研究部 第3室長
守泉理恵
Rie MORIIZUMI
更新日:2017年1月20日

研究分野

  • 人口学、出生力、女性労働、家族政策

参加研究プロジェクト

  • 「将来人口推計のための調査分析ならびにシステム開発事業(特別研究)全国人口推計」
  • 「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」
  • 「日本社会保障資料X」
  • 「人口転換の現代的解析に基づく新たな人口潮流とライフコース変動に関する総合的研究(文部科学研究)」

研究所外の活動

  • 所属学会  日本人口学会、日本家族社会学会、アメリカ人口学会
  • その他
  • ・日本人口学会編集委員会委員(2016〜)
  • ・専門社会調査士
  •   

主な業績

      • 著書分担執筆

        - 原田理恵(1998)「経済学におけるマルサス」岡田實・大淵寛編『マルサス人口論の二〇〇年』原書房。
        - 守泉理恵(2004)「少子化に関する専門家調査の分析:専門家による人口をめぐる将来予測と政策評価」大淵寛・橋重郷編『少子化の人口学』原書房。
        - 守泉理恵(2005)「少子化時代の教育と家族形成」大淵寛・兼清弘之編『少子化の社会経済学』原書房。
        - 守泉理恵(2005)「少子化と教育政策」大淵寛・阿藤誠編『少子化の政策学』原書房。
        - 守泉理恵(2008)「少子化と女性の機会費用」「次世代育成支援対策」「マクロ経済への影響:楽観論と悲観論」ほか2編、京極高宜・高橋重郷編『日本の人口減少社会を読み解く:最新データからみる少子高齢化』中央法規。
        - 守泉理恵(2008)「次世代育成支援対策」兼清弘之・安藏伸治編『人口減少時代の社会保障』原書房。
        - 大石亜希子・守泉理恵(2011)「少子社会における働き方:現状と課題」樋口美雄・府川哲夫編『ワーク・ライフ・バランスと家族形成:少子社会を変える働き方』東京大学出版会。
        - 守泉理恵(2012)「女性就業と子育て支援」小崎敏男・牧野文夫編『少子化と若者の就業行動』原書房。
        - 守泉理恵(2015)「日本における少子化対策の展開:エンゼルプランから子ども・子育てビジョンまで」高橋重郷・大淵寛『人口減少と少子化対策』原書房。

      • 論  文

      • 学会報告

        - 「日本の次世代育成支援対策:その展開と政策課題」日本人口学会第61回大会(特別セッション)、関西大学(2009.6.12)
        - 「日本における第3子出生行動の分析」日本家族社会学会第19回大会、奈良女子大学(2009.9.13)
        - 「出生意欲データを用いた出生率推計の試み」日本人口学会第62回大会、お茶の水女子大学(2010.6.13)
        - 「地方自治体の前期行動計画に関する自治体調査の結果概要」(共:安藏伸治、鎌田健司、増田幹人)、日本人口学会第63回大会、京都大学(2011.6.11)
        - 「日本における出産先送り行動の要因分析」日本人口学会第64回大会 東京大学駒場キャンパス(2012.6.3)
        - "Achieving Intended Family Size in Japan" (with) Setsuya Fukuda, Ryuichi Kaneko, XXVII International Population Conference, Busan, Korea (2013.8.29)
        - 「強まる女児選好とその背景:第3子への挑戦から見る日本の性役割」(共)岩澤美帆、第87回日本社会学会大会、神戸大学(2014.11.22)
        - 「日本における子どもの性別選好:その動向と出生力への効果」日本人口学会第67回大会、椙山女学園大学(2015.6.6)
        - 「日本における女性の無子率の動向と無子女性の特性に関する分析」日本人口学会第68回大会、麗澤大学(2016.6.12)

      • 講  演

        - 「少子化の進展とその要因:日本、神奈川県、秦野市」秦野市統計研修会、秦野市役所(2008.4.17)
        - 「日本の少子化問題の現状分析と諸外国との比較」京都経済同友会第1回少子化問題研究委員会、リーガロイヤルホテル京都(2009.7.28)
        - 「少子化・人口減少社会と女性の就業:なぜいま仕事と家庭の両立が注目されているのか」小平市中央公民館主催・平成24年度家庭教育講座(前期)『子育て・仕事どっちも大切』(第2回)(2012.6.8)
        - 「少子化のメカニズムとその対応:人口学からのアプローチ」神奈川県政策研究・大学連携センター主催「政策研究フォーラム『人口減少社会を考える』」、ワークピア横浜(2014.11.26)
        - 「少子化のメカニズムと政策対応」綾瀬市特定政策課題「人口減少社会への対応」セミナー、綾瀬市役所(2015.2.23)
        - 「少子化のメカニズムと政策対応:人口学からのアプローチ」平成27年度政策研究塾「人口減少社会を知る」せたがや自治政策研究所(2015.7.6・22)
        - 「人口問題と人口統計について:少子化の人口学的メカニズムとその背景要因・政策対応について」富山県地方統計職員業務研修(専門研修)、富山県民会館(2016.2.19)
        - “Policies to Tackle with Low Fertility and Depopulation in Japan”, The Visit of Asian Forum of Parliamentarians on Population and Development to IPSS, National Institute of Population and Social Security Research. (2016.4.27)
        - 「若者世代の未婚化・晩婚化から見る結婚の変容」第8回せたがや自治政策研究所シンポジウム「若者・家族の“いま”と“未来”を考えよう」世田谷区砧総合支所4階集会室(2016.7.2)
        - 「日本の少子化と少子化対策/第15回出生動向基本調査:独身者調査の結果概要」岩手県医師会少子化対策勉強会、岩手県医師会館(2016.11.12)
        - 「少子化時代の結婚・出生・子育ての変化」静岡県委託事業「未来へのかけはしプロジェクト〜皆で考える未来の子育て生活〜」シンポジウム、グランシップ(静岡県コンベンションアーツセンター)(2017.1.9)

      • その他

        - 「出生力の経済的要因」「経済学における人口論」日本人口学会編『人口大事典』培風館(2002)
        - 「人口」「出生力転換」ほか8語、秋元美世・大島巌・芝野松次郎・藤村正之・森本佳樹・山縣文治編『社会福祉辞典』有斐閣(2003)
        - 「夫婦の理想子ども数と予定子ども数」(統計の散歩道)『厚生の指標』55巻6号、厚生統計協会(2008)
        - 「結婚と子どもをめぐる未婚者の意識」(統計の散歩道)『厚生の指標』55巻10号、厚生統計協会(2008)
        - 「子どもを持たない女性の増加」(統計の散歩道)『厚生の指標』55巻15号、厚生統計協会(2008)
        - 「日本における子どもの性別選好」(統計の散歩道)『厚生の指標』56巻3号、厚生統計協会(2009)
        - 「未婚化の進展と婚活ブーム」(統計の散歩道)『厚生の指標』56巻10号、厚生統計協会(2009)
        - 「出生性比統計を読む」(統計の散歩道)『厚生の指標』56巻5号、厚生統計協会(2009)
        - 「子ども数」「次世代育成支援対策推進法」「少子化対策」ほか9語、人口学研究会編『現代人口辞典』原書房(2010)
        - 「少子化対策と企業」(統計の散歩道)『厚生の指標』57巻3号、厚生統計協会(2010)
        - 「日本における出産の先送りと取戻し」(統計の散歩道)『厚生の指標』57巻6号、厚生統計協会(2010)
        - 「「イクメン」は増えるか?」(統計の散歩道)『厚生の指標』57巻12号、厚生統計協会(2010)
        - 「諸外国と比較した将来推計人口」(講座 将来推計人口で描く日本の社会B−新推計の解説−)『週間社会保障』No.2693、株式会社法研(2012)
        - 「人口減少と日本社会のゆくえ」(統計の散歩道)『厚生の指標』59巻5号、厚生統計協会(2012)
        - 「日本の人口減少と世界の人口爆発」日本食糧新聞創刊70周年記念特集号、日本食糧新聞(2012)
        - 「子どもが待機児童になった親たちのその後」(統計の散歩道)『厚生の指標』59巻9号、厚生統計協会(2012)
        - 「希望子ども数の男女差の変化」(統計の散歩道)『厚生の指標』60巻1号、厚生統計協会(2013)

*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。