ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 小池司朗


人口構造研究部 第2室長
小池司朗
Shiro KOIKE
更新日:2011年5月19日

研究分野

  • 地域人口学、地理情報システム(GIS)

参加研究プロジェクト

  • 「将来人口推計に関する調査研究ならびにシステム開発事業(特別研究)地域推計」
  • 「第7回人口移動調査」
  • 「地方都市における高齢者の人口移動と地域再生に関する研究」(文部科研費プロジェクト:平成23〜25年度)

研究所外の活動

  • 所属学会  日本人口学会、日本地理学会、人文地理学会、地理情報システム学会
  • 審議会等  総務省統計局「平成22年国勢調査ユーザーフォーラム」委員(平成22年度〜)
  • 非常勤講師  国際医療福祉大学「人口問題と政策」(島崎,清水ほかと分担:平成18年度〜) 専修大学「地理情報システム実習2」(平成23年度)
  • その他   総務省統計研修所統計研修講師(平成14年度〜) 独立行政法人国立環境研究所客員研究員(平成22年度) 山陰研究センター客員研究員(平成22年度〜)

主な業績

  • 著書


  • 共著


  • 著書分担執筆

    「人口統計とGIS」 石川義孝・井上孝・田原裕子編『地域と人口からみる日本の姿』古今書院(2011年)
    「GISを利用した戦前市区町村別出生力の分析」 高橋眞一・中川聡史編『地域人口からみた日本の人口転換』古今書院(2010年)

  • 論文

    「首都圏における時空間的人口変化−地域メッシュ統計を活用した人口動態分析」『人口問題研究』第66巻2号(2010年)
    「地域メッシュ統計にみる世代別人口の動き−「団塊の世代」・「団塊ジュニア世代」の25年」『統計』第61巻6号(2010年)
    「人口移動と出生行動の関係について−初婚前における大都市圏への移動者を中心として」『人口問題研究』第65巻3号(2009年)
    「日本の市区町村別将来推計人口−平成17(2005)から平成47(2035)年(平成20年12月推計)」(共著)『人口問題研究』第65巻1号(2009年)
    「地域別将来人口推計における人口移動モデルの比較研究」『人口問題研究』第64巻3号(2008年)
    「地域別将来人口推計における純移動率モデルの改良について」『人口問題研究』第64巻1号(2008年)

*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。