ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 川越雅弘


社会保障基礎理論研究部 部長
川越雅弘
Masahiro KAWAGOE
更新日:2016年7月7日

研究分野

  • 医療・介護制度論、ケアマネジメント学(工学修士、保健学博士)

参加研究プロジェクト

  • 「介護予防の効果評価とその実効性を高めるための地域包括ケアシステムの在り方に関する実証研究(厚生労働科学研究、平成18-19年度、研究代表者)」
  • 「要介護高齢者の生活機能向上に資する医療・介護連携システムの構築に関する研究(厚生労働科学研究、平成22-24年度、研究代表者)」
  • 「保健指導を中心とした地域における脳卒中及び心筋梗塞の再発予防システムとエビデンス構築に関する研究(厚生労働科学研究、平成21-23年度、研究分担者)」
  • 「所得水準と健康水準の関係の実態解明とそれを踏まえた医療・介護保障制度、所得保障のあり方に関する研究(厚生労働科学研究、平成22-23年度、研究分担者)」
  • 「都市と地方における地域包括ケア提供体制の在り方に関する総合的研究(厚生労働科学研究、平成25-27年度、研究分担者)」
  • 「地域包括ケアシステム構築に向けた地域マネジメント力の強化手法ならびに地域リーダー養成プログラムの開発に関する研究(AMED、平成26-28年度、研究代表者)」
  • 「要介護高齢者の生活機能向上に資する効果的な生活期リハビリテーション/リハビリテーションマネジメントのあり方に関する総合的研究(厚生労働科学研究、平成27-29年度、研究代表者)」
  • 「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究(厚生労働科学研究、平成27-29年度、研究分担者)」
  • 「医療及び介護の総合的な確保に資する基金の効果的な活用のための持続的な評価と計画への反映のあり方に関する研究(厚生労働科学研究、平成27-28年度、研究分担者)」
  • 「在宅医療・在宅看取りの状況を把握するための調査研究(厚生労働科学研究、平成28-29年度、研究代表者)」

研究所外の活動

  • 所属学会  日本老年医学会、日本公衆衛生学会、日本医療・病院管理学会、理学療法科学学会等
  • 審議会等  社会保障審議会専門委員、介護報酬改定検証・研究委員会委員、地域包括ケア研究会委員、全国在宅医療会議構成員等
  • その他   大分県医療・介護連携アドバイザー、近江八幡市総合介護市民協議会委員等

主な業績

      • 著書分担執筆

        「要介護高齢者に対する退院支援の現状と課題」先見創意の会編『医療百論2014』東京法規出版(2014年)
        「地域連携の政策と多職種連携」高橋紘士・武藤正樹編『地域連携論』オーム社(2013年)
        「医療・介護の需要動向」宮島洋・西村周三・京極高宣編『社会保障と経済3 社会サービスと地域』東京大学出版会(2010年)
        「在宅医療と医療・介護制度」編集代表 佐藤智『明日の在宅医療 第1巻 在宅医療の展望』中央法規出版(2008年)
        "Gender and Age differences of the prevalence of frail elderly and of functioning decline with a two year longitudinal study in Matsue-City, Japan",Women and Aging:New Research,Nova Science publishers Inc.(2009年)

      • 論文

        「ケア提供論―多職種連携に焦点を当てて―」,『社会保障研究』第1巻1号、pp.114-128(2016年)
        「地域包括ケア構築に向けた施策動向とケア提供上の諸課題−多職種連携・多職種協働に焦点を当てて−」,『生活福祉研究』第90号、pp.4-15(2015年)
        「人口構造の変化と社会保障への影響」,『老年精神医学雑誌』第26巻2号、pp.117-123(2015年)
        「地域包括ケアシステムにおけるリハビリテーション」,『総合リハビリテーション』第42巻7号、pp.609-614(2014年)
        "Difference in prognoses after first-ever ischemic stroke among subtypes",Nagoya Medical Journal,Vol.53 No.1,pp.1-10(2013年)
        「看護師・介護職員の需給予測」,『季刊社会保障研究』第45巻3号、pp.214-228(2009年)
        "Effect of Continuous Home-visit Rehabilitation on Functioning of Discharged Frail Elderly",Journal of Physical Therapy Science,Vol.21 No.4(2009年)
        「我が国の高齢者住宅とケア政策」,『海外社会保障研究』164号(2008年)
        「我が国における地域包括ケアシステムの現状と課題」,『海外社会保障研究』162号(2008年)
        「北海道更別村における家庭医機能の地域展開とその効果評価〜住民アンケート調査から〜」,『日本プライマリ・ケア学会誌』第30巻3号(2007年)
        "Clinical Status and Dependency of the Elderly Requiring Long-Term Care in Japan",The Tohoku Journal of Experimental Medicine,Vol.122 No.3(2007年)

*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。