ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ

  1. ホーム
  2. スタッフ
  3. 安藤道人


社会保障基礎理論研究部 研究員
安藤道人
Michihito Ando
更新日:2016年9月9日

研究分野

  • 公共経済学、地方財政論、応用ミクロ計量経済学

参加研究プロジェクト

研究所外の活動

主な業績

  • 論文(査読あり)

    1.How Much Should We Trust Regression-Kink-Design Estimates?, Empirical Economics, forthcoming 
    2.Affordable False Teeth: The Effects of Patient Cost-sharing on Denture Utilization and Subjective Chewing Ability (with Reo Takaku), The B.E. Journal of Economic Policy & Analysis, forthcoming 
    3.Dreams of Urbanization: Quantitative Case Studies on the Local Impacts of Nuclear Power Facilities using the Synthetic Control Method, Journal of Urban Economics, Volume 85, 68-85, 2015 
    4.「精神衛生法下における同意入院・医療扶助入院の研究一神奈川県立公文書館所蔵一次行政文書の分析」 (後藤基行との共著) 『季刊家計経済研究』 No.108, 60-73, 2015 
    5.「精神病床入院体系における3類型の成立と展開―制度形成と財政的変遷の歴史分析―」 (後藤基行との共著)、『医療経済研究』 Vol.26 No.1, 27-42, 2014. 
    6.「介護給付水準と介護保険料の地域差の実証分析 保険者データを用いた分析」、『季刊社会保障研究』、第 44巻第1号、2008. 
  • ワーキングペーパー

    7.Heterogeneous Effects of Fiscal Equalization Grants on Local Expenditures: Evidence from Two Formula-based Variations, IPSS Working Paper Series (E) 25, 2015
    8.Identifying Tax Mimicking in Municipal Public Health Insurance: Evidence from A Boundary Reform (with Reo Takaku), IPSS Working Paper Series (E) 27, 2016 
  • その他

    9.「新刊紹介 アンソニー・B・アトキンソン 著『21世紀の不平等』」 『社会保障研究』 Vol.1 No.1 pp.262-263 2016
    10.「多重回帰分析と回帰不連続デザイン」 『日本労働研究雑誌』 No.657 pp.12-13 2015 
*各年の事業年報にも上記以上に詳細な個人の業績が年度ごとに掲載されています。