ページ内を移動するためのリンクです。


国立社会保障・人口問題研究所

  • 文字サイズ


研究チーム

日本版死亡データベースは、国立社会保障・人口問題研究所における一般会計プロジェクト「わが国の長寿化の要因と社会・経済に与える影響に関する人口学的研究」(平成23〜25年度)、「長寿化・高齢化の総合的分析及びそれらが社会保障等の経済社会構造に及ぼす人口学的影響に関する研究」(平成26〜28年度)、「長寿革命に係る人口学的観点からの総合的研究」(平成29〜31年度)、「超長寿社会における人口・経済・社会のモデリングと総合分析」(令和2〜4年度)の一環として、構築・提供が行われています。令和3年度の研究プロジェクトのメンバーは以下の通りです。

所内担当:
是川夕(国際関係部長)[死亡データベース担当]
林玲子(副所長)
丹藤昌治(社会保障基礎理論研究部長)
泉田信行(社会保障応用分析研究部長)
別府志海(情報調査分析部第二室長)[死亡データベース担当]
佐藤格(社会保障基礎理論研究部第一室長)
菅桂太(人口構造研究部第一室長)[死亡データベース担当]
所外委員:
石井太(慶應義塾大学教授)
大津唯(埼玉大学大学院准教授)
齋藤安彦(日本大学教授)
篠原恵美子(東京大学大学院特任助教)
堀口侑(慶應義塾大学大学院経済学研究科)
増田幹人(駒澤大学准教授)
フランス・メレ(フランス国立人口研究所)